転職ノウハウ

転職ノウハウ

差別化ポイントに関する4つの視点

はじめに 転職市場で高い競争力を持つ人材になるためには、他の候補者ではなく、自分を採用すべき理由、つまりは差別化ポイント明確にすることが大切です。 ただ、差別化ポイントはあれば良い、というものでもありません。その差別化ポイント...
転職ノウハウ

この転職が正解なのかを迷ったら

はじめに 現職への不満から逃れるために、またはキャリアを切り拓くために、転職することを決意したものの、転職活動を開始してしばらく経ち、ある程度転職の目処がたってくると、誰しも「この転職は正解なのだろうか」という迷いを抱くようになるも...
法務のキャリア

あなたの強みは何ですか?

はじめに 面接で必ず訊かれる質問の一つに あなたの強みを教えて下さい。 というものがあります。 この「強み」について、みなさんは明確に答えられるでしょうか? 強みを答えられない人は、少なくない 以前...
法務のキャリア

実務経験ゼロからの法務転職(派遣社員編)

はじめに 法務の求人は一定の実務経験を求められていることが多く、法務未経験から法務職を獲得するのは簡単ではありません。 この壁を乗り越える方法として、今回は派遣社員から法務に入るルートをご紹介します。 このルートのメリッ...
転職ノウハウ

転職をしたほうが良いケース・しない方が良いケース

はじめに  これまで、普通の人より多く転職してきたこともあり、転職について相談を受けることも少なくないのですが、お話をお伺いする中で、あるケースでは「その状況では転職しないほうが良さそう」、また別のケースでは「明日から休みに入ってで...
転職ノウハウ

法務のマネージャーとしての転職

概要 法務部門を統括する責任者リーダーとの違いは「採用権限」「メンバーの評価権限」「メンバーの給与決定権限」の有無。いずれかが欠けている場合、部門運営の幅がかなり制限されるので要注意規模が相当大きい会社でなければプレイヤー的な動きも...
転職ノウハウ

法務のリーダーとしての転職

概要 後進を指導する役割を担うプレイヤー単に、仕事ができるプレイヤー的な位置づけのことも給与上限のイメージは~700万円経験年数のイメージは、5年目〜10年目 転職先検討の視点 マネージャーになれる可能性があるか ...
転職ノウハウ

法務のプレイヤーとしての転職

概要 日々の業務を処理する担当者大量に発生する契約法務の対応要員としての採用であることが多い給与上限のイメージは、〜500万円経験年数のイメージは、未経験〜5年目 転職先検討の視点 上司・先輩の存在 優れたスキル・...
転職ノウハウ

法務にとってのリファラル転職

リファラル採用経由の転職の概要 リファラル採用とは、平たく言えば社員紹介を使った採用活動です。 リファラル採用といっても、単に入り口が社員紹介であるだけというケースもあれば、大きなマイナスがなければ採用が既定路線(その代わり紹...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました